培養肉を使って食の未来を変える!作り方や安全性について

現在、世界では培養肉(ばいようにく)と呼ばれる〝動物の個体からではなく可食部の細胞を組織培養することによって得られる肉〟についての研究が行われています。

培養肉は動物の細胞を使って作られるため、食肉となる動物の数を減らすことができるという点で注目が集まっています。

培養肉について研究が重ねられていますが作り方や安全性の部分で気になっている人も多いかと思います。

そこで今回は培養肉の作り方や安全性について調べてみました。




培養肉とは簡単に言うと・・・

培養肉とは動物の身体からでなく、細胞培養で得られる食肉です。培養とは細菌や細胞、組織などを人工的に生育・増殖させることで、培養肉は普通の牛肉や豚肉などの食肉とは違い、動物の身体からではなく動物の細胞などを使って人工的に作られた食肉です。
培養肉は「クリーンミート」とも呼ばれます。

人工的に作られた食肉ということなので、作られていく上で動物たちの犠牲の数は減りますが、一般的な食肉とは違うので見た目は似ていてもやはり少し違和感があるかもしれませんね😀

培養肉の作り方

培養肉は基本的には工場で作られていて、一般家庭で作られていることはあまりありません。工場で専門の人たちが作っていますが、作り方としては牛や豚などの動物から細胞を摂取してそれを増やすことから始まります。細胞を増やしたあとに、その細胞を用いて組織を形成して培養肉が作られていきます。

培養液を使って一つの細胞から少しずつ細胞を増やしていき、最終的に肉の塊になりますが、細胞を増やしていくには時間がかかります。

培養肉の安全性や問題点について

培養肉は普通の食肉とは違い、牛や豚の細胞を使って人工的に作られた食肉です。安全性については、結論から言うと安全に食べることができると言えます。

培養肉は衛生管理が徹底された環境で作られているため安全面については非常に安心できます。細胞組織は無菌の状態から作られているので、安全面については一般の食肉よりも良いと言えます。
無菌の状態から作られているので、保存性にも優れています。

しかし、作られていく中で問題点もあり、培養肉の問題点はコストが非常に大きいということが問題視されています。外国で作られた培養肉は日本円にすると一般の食肉の何倍もあるという点で、作るのにも大きな費用がかかってしまいます。培養肉がもし一般に販売されるとなるとコスト問題も出てきてしまいます。
やはり作り方も普通とは違い、時間をかけて細胞を増やしていくので、その分の労力やコストがかかってしまうと考えられます。

培養肉は安全である反面、別の問題点もあるのでそこも解決していければ良いですね🤔

「気持ち悪い」「食べたくない」という声も

培養肉を見た人たちの中でネット上では「気持ち悪い」「食べたくない」という声も。

やはり普通の肉とは違って人工的に作られていることから不評の声も上がっています。〝人工的に作られた肉〟としてのイメージがあり、「偽物の肉」「怪しい」「怖い」「気持ち悪い」といった印象もあるようです。

培養肉の安全性については、研究者たちの間では安全であるという結果が出ていますが、実際の周りの人たちの間ではいろいろな意見があり、培養肉に対してのそれぞれの価値観が出ています。

培養肉に関しては好き嫌いが分かれそうですね😖
確かに普段食べている肉とは違うのでなんとなく抵抗はあるかもしれませんね。

培養肉は未来の食肉!

培養肉は牛や豚の細胞を使って人工的に作ることで食肉として動物の犠牲の数を減らすことができます。また、人工肉はたんぱく質も多く含み、安全性も問題なく普通に食べれることで、世界的な食糧不足を補うことができます。

このことから培養肉はこれからどんどん研究が進められ、食の未来を変える食べ物に可能性があり、研究者たちの間でも培養肉に対する期待が高まっています。

現段階ではコスト問題もあって培養肉はまだまだ高級食品となっていますが、将来的には生成方法もより簡単になっていって「人工肉」として一般化される日がくるかもしれません。

培養肉の研究は続けられていてこれからどんどん増えていく可能性がありますね😀
将来、コンビニやスーパーなどで普通に売られている時代が来ることも考えると、食卓で培養肉を使ったステーキを食べる日が来るということもあるかもしれませんね!




まとめ

培養肉は動物の身体ではなく、細胞を使って人工的に作られた食べ物です。

牛や豚などの動物の細胞を使って、その細胞を増やしていって最終的に培養肉の塊が出来上がります。衛生管理がしっかりとされた場所で無菌の状態から作られるため安全性については問題なく、安心して食べられるものとなっています。

培養肉は人工的に作ることで一般の食肉とは違いがありますが、細胞を使って作ることで動物の犠牲の数を減らしたり世界的な食糧不足の問題にも貢献できるということで〝未来の食べ物〟として研究者たちの間では期待されています。

現段階ではコストについて大きな問題がありますが、まだまだ培養肉についての研究は重ねられていきそうです。

いずれ培養肉が一般化される時代が来るかもしれません。




お読みいただきありがとうございました。
感想などがあればお気軽にコメントください😄

おすすめの記事