【ワンピース】コラソン(コラさん)は何者?正体とは?スパイで海軍の人間だった?


ドンキホーテ海賊団の最高幹部だったコラソンの正体について!

コラソンはドフラミンゴの部下として長い間ドンキホーテ海賊団に所属していましたが、実は海賊というのは仮の姿で、本当は海兵として海軍のために動いている人間でした!海軍本部のセンゴクとも深い付き合いのコラソン。

ドフラミンゴの暴走を止めるためにドンキホーテ海賊団に入り、情報を探ってセンゴクと連絡を取り合ってました。

コラソンはドンキホーテ海賊団に海軍のスパイとして入っていました!




コラソン(コラさん)の正体

コラソン(コラさん)の正体は海兵です。

普段は海賊としてドンキホーテ海賊団の最高幹部の人間ですが、実は正体は「海賊」ではなく「海兵」でした。

コラソンのM・C(マリン・コード)は「01746」で、海軍本部の「中佐」です。

子供の頃にセンゴクに拾われて、それから海兵になりました。

コラソンは子供の頃に家族と別れてひとりになっていました。母親は病気で亡くなり、父親は兄であるドフラミンゴに殺され、ドフラミンゴともそのあと別れています。
ひとりでいたところをセンゴクに引き取られて育てられました。

ドンキホーテ海賊団の最高幹部「コラソン」

コラソンはドンキホーテ海賊団では最高幹部としての地位がありました。

最高幹部にはそれぞれコードネームが与えられ、ドンキホーテ・ロシナンテには「コラソン」という名前が与えられていました。

最高幹部なので実力もあり、重要な存在となっています。

海軍本部の中佐「ロシナンテ」

コラソンは海軍本部では中佐としての地位がありました。

当時、大将だったセンゴクと連絡を取り合いながらコラソンはドフラミンゴの情報を教えてドンキホーテ海賊団の悪事を止めようとしていました。

コラソン(ロシナンテ)は「ナギナギの実」の能力者

コラソンは悪魔の実の能力者で、音を消すことができる無音人間です。超人系(パラミシア)の能力を持つ「ナギナギの実」の能力者です。

この能力は自分と相手の間に防音壁をつくることでお互いに音が聞こえなくすることができます。

暗闇時だと音がないため相手に気づかれにくい状況を作ることができます。

コラソンはこの能力を使ってオペオペの実を奪うために夜に相手がいる建物の中に侵入して実を奪うことに成功しました。

海軍のスパイとしてドンキホーテ海賊団に入っていた

大人になって海兵になったコラソンは再びドフラミンゴの元に現れて、ファミリーとして一員になります。

コラソンの目的は兄・ドフラミンゴの暴走を止めることです。ドフラミンゴは闇取引もしていて世界の大物たちと繋がって悪いことをたくさんしているので、その悪事を止めるために海軍のスパイとして潜入していました。

コラソンはドンキホーテ海賊団の最高幹部としての顔と、海軍本部の中佐としての顔があり、海賊としての顔と海兵としての顔の2つの顔を持っていました。

ドンキホーテ海賊団にいる時はメイクをしています。海軍の証明写真はメイクなしの普通の顔で写っています。

コラソンはドンキホーテ海賊団で得た情報を海軍のセンゴクに報告して、お互いに情報交換しながらドンキホーテ海賊団の動向について調べていました。

ドフラミンゴもそれを知るはずもなく、コラソンがスパイだと気づいたのは最後の方でした。




まとめ

ドンキホーテ海賊団の最高幹部のコラソン!

ドフラミンゴの部下で海賊として動いているかと思いましたが実は正体は「海兵」で、コラソンの正体は海軍の人間でした。

ドフラミンゴの暴走を止めるためにスパイとしてドンキホーテ海賊団に入っていました。

コラソンはセンゴクもよく知る人物で、この2人は昔からの長い付き合いでコラソンは子供の頃にセンゴクに拾われて育てられました。

ドンキホーテ海賊団の最高幹部「コラソン」としての顔と海軍本部の海軍将校「ロシナンテ中佐」としての2つの顔を持っている人物でした!




お読みいただきありがとうございました。
感想などがあればお気軽にコメントください😄

↓トップページ↓
《アニメ・漫画の二次元ブログ》

おすすめの記事