【怪物事変】野火丸の奥の手〝新調した右手〟!!

捜査特課の刑事で狐の怪物・野火丸!
謎が多い野火丸ですがその中の一つに『新調した右手はどうなっているのか?』というのがあります!!

野火丸は初登場時は右手は特に変わりはなく普通の状態でしたが、物語の途中で右手を負傷してしまいそのあとに新調することになります!

右手を新調したあとは手袋をして常に隠している状態です。そのため現在どうなっているのかは謎なままですが、コミックスの中では野火丸が新調した右手を使ったシーンや追い詰められて使おうとしたシーンがありました!




右手を負傷したのはいつなのか?

野火丸が右手を負傷したのは零結石の回収で結と戦った時です!コミックスだと5巻になります。

零結石は低温に耐性のある者しかさわれず、それ以外の者がさわると手が凍りついて使い物にならなくなってしまいます。実際に野火丸は手で零結石を掴んで奪い取ろうとしましたが、零結石を触った瞬間に手がボロボロになってしまいます。右手を負傷してしまい劣勢になった野火丸ですがそこに夏羽が現れて一緒に戦うことになります。

この戦いで野火丸は右手が使えない状態になってしまい、のちに新調することになります!!

右手を新調したのはいつなのか?

野火丸が右手を新調したのはおそらく結との戦いが終わってすぐかと思われます!

コミックスでは結との戦いの話が終わり、次は屋島での話になります。屋島編での最後で野火丸が登場しますがその時はすでに右手は新調したと本人が発言しています。この時から右手には手袋をしています。

新調した右手に関するシーン

野火丸の新調した右手に関するシーンは、初めて野火丸の右手が新調されたと分かったのが屋島編の最後でコミックスでは6巻になります。野火丸は夏羽に右手を新調したことを言ってます。この時、野火丸の右手には凄まじい力があるのがわかり夏羽の手を握力だけで潰そうとしています。

他には○熊一家(マルくまいっか)の事務所に乗り込んだ時に野火丸は一人で事務所の者たちを相手にして倒しています。ここでは事務所のトップの鬼たち相手に新調した右手を見せて戦っていました!この時、鬼たちは驚きの様子を見せています!
野火丸の右手についてははっきりと描かれてませんでしたが鬼たちの反応から見て明らかに恐ろしい様子がわかりました!
野火丸VS○熊一家はコミックスの11巻で見ることができます!

14巻では裏屋島での戦いがあり、そこでは野火丸は奥の手として右手を使おうとしているシーンがありました。結果的には使わずに済みましたが奥の手を使うほど追い込まれていた様子で、野火丸も普段の戦いでははあまり右手を使わずにいるようでした。




まとめ

捜査特課刑事の化狐・野火丸の新調した右手について、野火丸の右手は現在は『奥の手』として秘めた力を持ったものとなっています!!

新調したきっかけは零結石回収のため結と戦った時でコミックスの5巻で描かれています!
戦いのあと右手を新調することになり、屋島編の最後でそのことが明かされました!

右手を使って戦うシーンもあり、野火丸は右手を新調したことによってさらにパワーアップしたかと思われます!!

野火丸の右手の謎についてはコミックスの中でも何度か描かれていました!今後どうなっているのか判明されるのが楽しみですね!!




おすすめの記事