キルバーンの素顔とは?正体は機械人形?最後は黒のコアが爆発!

常に仮面をして顔を隠している死神・キルバーン!

キルバーンの素顔は使い魔のピロロ以外は誰も知らなく、常に仮面をして顔を見えないように隠しています。
しかし、「ダイの大冒険」の物語の最後でキルバーンの素顔が判明します!

なんとキルバーンの正体は生き物ではありませんでした!
そして再び「黒のコア」も登場します!

キルバーンは素顔や正体、最終的にキルバーンはどうなったのかまとめました!




キルバーンの素顔とは?

キルバーンは普段から仮面をして顔を隠しています。
その素顔はピロロ以外誰も知りません。

一度アバンに仮面を割られましたが、再び別の仮面をつけて素顔を隠していました。

キルバーンの仮面といえば、不敵な笑いをした仮面ですが、この仮面が割られた時は代わりに怒りの仮面をつけていました。

正体は機械人形だった!

「ダイの大冒険」の最後でキルバーンの正体が明かされます!

ダイの大冒険の最終話でバーンを倒したダイはみんなと再会します。大魔王を倒し、みんなで喜んでいるところにキルバーンが現れます。

キルバーンはアバンとの戦いで首をはねられ死亡したかに思われていましたが、なんとキルバーンは生き物ではなかったため死んではいませんでした。

キルバーンの正体は〝機械人形〟。

人形のため、痛みを感じることはなく、たとえ首をはねられても問題なく生きていることができます。

キルバーンには黒のコアが埋め込まれていた!

キルバーンの正体は機械人形で、なんと顔の部分には「黒のコア」が埋め込まれていました!

黒のコアは地上を破壊する威力があり、万が一爆発すると普通の人間はまず生きていられません。

バランもこの黒のコアの爆発によって死亡しています。

そんな危険な爆弾が機械人形のキルバーンには埋め込まれていました!

最後は黒のコアが爆発!

最後はキルバーンに埋め込まれていた黒のコアが爆発します!

しかし、爆発前にダイとポップが上空へ人形ごと持って飛んで行きます。ダイはポップを爆発に巻き込まないためポップを蹴り落とし、ダイは人形と一緒に飛んで行きました。

黒のコアは上空で爆発したため地上は無事でしたが、その後ダイは行方不明になってしまいました。




まとめ

謎に包まれたキルバーンの正体。その正体はなんと機械人形。生き物ではありませんでした。

顔の部分には黒のコアが埋め込まれていて、最後は黒のコアがダイと一緒に上空で爆発します。

謎だったキルバーンの素顔でしたが、なんと機械人形で顔には黒のコアが埋め込まれていました😀

大魔王バーンを倒して終わりではなく、最後にキルバーンが現れてみんなを驚かせました。

黒のコアはヤバい威力がある爆弾!最後の最後でまた登場するとは😣

キルバーンは機械人形で、いつもそばにいた使い魔「ピロロ」こそが人形を操っていた人物で、本当のキルバーンでした。




お読みいただきありがとうございました。
感想などがあればお気軽にコメントください😄

↓トップページ↓
《アニメ・漫画の二次元ブログ》

おすすめの記事