【ダイの大冒険】最強ミストバーン!! イケメンの素顔から正体が判明

『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』に登場する大魔王バーンの側近のミストバーン
普段は衣で顔を隠していてその素顔はほとんどの者が見たことがありません。

物語の中では2回だけミストバーンが素顔を表した時がありました。

ミストバーンの素顔は大魔王バーンにも関係するもので、バーンから許可がない限りは決して素顔を見せてはならないと言われていました。

ミストバーンが素顔を晒した時、真の実力が表れ、魔王軍最強の人物はミストバーンになります!




ミストバーンについて

魔王軍の大魔王バーンの側近としてバーンをお守りしています。
実際の顔や体は見えなくて衣を羽織っています。周りの人物からも不思議に思われている存在です。
当初は魔軍司令ハドラーの部下として六団長の一人として登場していましたが、後に大魔王バーンの重要な部下ということが明かされました。バーンとは長い付き合いで、バーンが魔王軍で一番の信頼を置く存在。

性格は冷静で普段はほとんど口を開くことはありませんが、これはバーンの秘密を握っているミストバーンが余計なことを喋ってしまわないためです。
敵味方問わず、強い者には敬意を払う一面があります。

キルバーンとは魔王軍六団長が結成する前からの付き合いで、お互い気の合う友人として付き合いがあります。

「闇の衣」と言われる衣のせいで顔は見えませんが、ダメージを受けて衣が損傷するとフードの下に人の顔が現れます。

ミストバーンの正体・素顔

ミストバーンの正体については物語の終盤で明かされます。
普段から衣で顔が見えないミストバーンですが初めて素顔を見せたのはコミックス22巻です。素顔が表れたミストバーンは好青年のような見た目の男性の顔でした。

その後、2回目に素顔を見せたのはコミックス32巻です。そこでミストバーンの正体が明かされることになりました。
ミストバーンの体は本当はバーンのもので、ミストバーン自身はガス生命体ということが明かされます。大魔王バーンは老人のような姿ですが、若い姿をミストバーンの体に置いてバーン自身も正体を隠していました。

ガス生命体のミストバーンは実態がなく、自らを鍛え強くなるという性質を持っていません。その代わり相手に乗り移る能力を持っています。バーンが体を与えてくれて、体を使うことができたためバーンには絶対の忠誠心があります。
相手に乗り移る能力があるため、ガス生命体の姿を現したミストバーンは作中ではマァムやヒュンケルに乗り移るシーンがありました。

ミストバーンは魔王軍最強

ミストバーンはバーンの体を使うことができたため、素顔を表した時の実力はバーンよりも高く、魔王軍最強です。

作中ではラーハルトやヒムなどの実力者数人を相手にしてもミストバーンは全くダメージを負うことはありませんでした。ポップは一番の必殺技「メドローア」をミストバーンに放ちましたがミストバーンが食うことはなく失敗に終わりました。




まとめ

大魔王バーンの側近・ミストバーンの本当の正体はガス生命体!
バーンの体を預かっていることから、闇の衣をとってその姿を現した時には魔王軍最強の実力があります!

ミストバーンの正体は物語の終盤で明かされます。バーンがミストバーンから自分の体を返してもらって融合した後、ダイたちは魔王軍との最終決戦に移ります。

普段は衣で素顔が見えないミストバーンですが、その素顔はイケメンの人間のようでした😲
謎が多いミストバーンですが、正体は最後らへんで明かされることになりますね。

バーンとは長い付き合いでお互いに最も信頼がある人物と言えるでしょう。

ミストバーンの戦闘シーンも作中では何度もありますが、素顔を表さなくてもかなりの実力があります!衣をとって素顔を現した時は魔王軍最強の人物に!

ガス生命体のミストバーンは相手に乗り移るという厄介な能力がありますね😀
作中ではミストバーンはヒュンケルに乗り移ろうとして失敗して消滅することになりました。

謎が多いミストバーンですが、序盤から登場するとても魅力的なキャラクターです🤗

物語最終では同じく大魔王バーンの側近「キルバーン 」の正体についても明かされます!!




おすすめの記事