今回はピアノのペダルについて紹介しようと思います。

ピアノのペダルとは、足で踏む部分のことです。主に3種類ありますが、それぞれ役割や使い方について説明していこうと思います。




名称や特徴について

ピアノのペダルの名称はグランドピアノとアップライトピアノで違う部分があります。

ピアノには主にグランドピアノアップライトピアノがあります。グランドピアノとアップライトピアノでは弾き心地やタッチ感が違います。

グランドピアノの弦は水平に張られており、音を出すために下からハンマーが弦を叩いた後、素早く元の位置に戻ります。グランドピアノはなめらかに伸びる音の良さが特徴で、和音を弾いた時も一つ一つの音が濁らずクリアに響きます。

アップライトピアノは弦が垂直に張られていてハンマーが横から弦を叩くことで音を出しますが、その構造上、ハンマーの戻りに少し時間がかかってしまいます。アップライトピアノは壁に背をつけて置くことができるため、部屋のスペースを圧迫することが少ないのが特徴で、趣味でピアノを弾く方に多く使われています。

 

ペダルは主に3つあり、グランドピアノとアップライトピアノで名称が違う部分があります。

《グランドピアノ》

右:ダンパーペダル

中央:ソステヌートペダル

左:シフトペダル

 

《アップライトピアノ》

右:ダンパーペダル

中央:マフラーペダル

左:ソフトペダル

 

役割や使い方について

グランドピアノとアップライトピアノではペダルの機能も若干の違いがあります。それぞれの使い方を見ていきましょう。

 

ダンパーペダル

グランドピアノとアップライトピアノのダンパーペダルの役割は同じで、ペダルを踏んでいる間は弾いた音を長く持続させます。鍵盤から指を離していても、ペダルを踏んでいる間は弾いた音を長く持続させることができます。

 

ソステヌートペダル/マフラーペダル

ソステヌートペダルは、ペダルを踏んだ瞬間に押していた鍵盤の音のみを響かせます。一つの音や和音を出し続ける状態にすることができます。

マフラーペダルはソヌテートペダルのような役割はなく、音量を下げる役割を持っています。家で弾く時などに近所迷惑にならないように使うのに有効なペダルです。

 

シフトペダル/ソフトペダル

ペダルを踏むことで打たれる弦の数が減って右に移動します。ハンマーの叩く位置がずれることで弦の本数を減らして音が少し柔らかくなります。




まとめ

ピアノのペダルにはいろいろな効果かがあるのがわかりました。3つそれぞれを状況によって使いこなせるようになると今よりさらに綺麗に演奏できると思うので、ぜひ覚えてピアノをさらに楽しみたいですね。

ちなみに電子ピアノの場合もグランドピアノと同じ名称がついています。僕も普段は電子ピアノで練習しています。

 

 

ピアノは弾いていて本当に気持ちが安らいで良い気分転換にもなります。ペダルもうまく使いこなしてより良い聞き心地で弾けるようになりたいですね。

 

今回はピアノのペダルについて紹介しました。





質問などがある場合は下のコメント欄かページ下の管理者情報のメールアドレスからご連絡ください。よろしくお願いします。