【ワンピース】ブルーノがウタの能力で小さい姿に!かわいいミニキャラ!なぜ小さくなった


劇場版ワンピースの「レッド」で登場したブルーノ!

ブルーノは劇中で小さい姿になっていて、その姿が「かわいい」という声が上がっています!

元々大きいキャラクターのブルーノですが今回の映画ではウタの能力によって小さな姿に変わってしまいました!

かわいいミニキャラとして注目を集めたブルーノ😄

今回の映画ではミニブルーノが描かれています!




ブルーノが映画で小さい姿になる!

ブルーノは今回の映画で小さい姿になっています。

最初は普段のままの大きい姿で登場しましたが途中から小さくなって行動していました😄

その姿はマスコットサイズのようでミニキャラとして印象に残りました。

まるで小さいマスコット、小さいぬいぐるみのよう🤗

 

ブルーノはなぜ小さくなった?

劇中でミニサイズになったブルーノですが、なぜ体が小さくなったのか?

これについては映画の入場者プレゼントでもらえる「ONEPIECE 巻40億」にも書いてありましたが、ブルーノが小さくなったのはウタが原因です。

ウタの能力によってブルーノは小さくなってしまいました。劇中ではブルーノはウタワールドで小さい姿で行動していました。

ミニキャラのブルーノがかわいい

今回の映画で小さくなったブルーノですが、ミニサイズのブルーノが「かわいい」というように、ミニキャラのブルーノが好きという声が多く上がっていました🤗

ブルーノは普段は大きな体型で口数が少なく無愛想な感じのキャラですが、そのブルーノが今回小さくなってミニキャラとしてかわいくなっています!

普段とは違うギャップに持っていかれたという人も多くいることでしょう😍

2年前は政府の諜報部員として全身黒い服装で秘密部隊のような雰囲気のキャラでしたが、再登場がなんと映画で、しかも以前とは雰囲気がまるっきり変わってかわいい感じになっていました😄

今回の映画を観た人たちの間でも小さくなったブルーノが「かわいい」という人が多くいました!

声まで変わってかわいい

劇中で小さくなったブルーノですが、ブルーノの変化は体型だけではなく、声にも表れていました!

ブルーノは普段ものすごく低い声の低音ボイスですが、今回の映画で小さくなったことで声もいつもとは違って、いつもの低い声ではなくなっていました😄

これはぜひ本編を観てミニブルーノの声を聞いてみてほしいです😆




まとめ

劇場版ワンピース「RED」で登場したブルーノは今回ウタの能力によって小さくなっていました!

最初に登場した時は普通の身長でしたが、途中で小さい姿に変わってしまいます!小さくなるブルーノ😄かわいい!

ウタワールドでは小さい姿のままでいることに。

チビブルーノがかわいい笑
声もいつもの低い声じゃなくなってた😄

映画では意外な一面を見れましたね。ブルーノがちっちゃいミニキャラに😍

今回の映画でのブルーノはウタの能力で小さい姿になったチビブルーノも見どころです。




お読みいただきありがとうございました。
感想などがあればお気軽にコメントください😄

↓トップページ↓
《アニメ・漫画の二次元ブログ》

おすすめの記事