【ワンピース】ハンコックは覇王色の覇気を持つかっこいい最強美女!強さゆえ王下七武海に


元王下七武海の一人「ボア・ハンコック」は覇王色の覇気を持つ海賊女帝です。

海賊の中でも上位の実力を持つハンコック。強さゆえに「王下七武海」に選ばれ、これまで七武海の称号によって国を守り、女ヶ島の皇帝として君臨していました。

ハンコックの強さは七武海としてふさわしい実力を持っています。
生き物すべてを虜にする美貌や悪魔の実の能力もあって、特に男には相性抜群の強さを持っています。

ハンコックの強さについてまとめました!




ハンコックは覇王色の覇気を持つ絶世の美女!

数百万人に一人しか持っていないと言われる「覇王色の覇気」。

ハンコックはこの覇王色の覇気を持っています。

覇気は「武装色」「見聞色」「覇王色」の3種類がありますが、世界でも覇王色の覇気を持っている人物はごくわずかです。

ハンコックは女ヶ島の皇帝で誰もが認める絶世の美女です。
昔から有名だった「九蛇海賊団」の船長で、王下七武海になる実力もあり、覇王色の覇気を持つ者としてふさわしい人物です。

王下七武海になったのは『強さ』ゆえ

今まで王下七武海の一角として担っていたボア・ハンコック。

王下七武海は世界に7人しかいない大海賊で、世界の3大勢力の一つとも言われています。王下七武海は全員が高い戦闘力を持ち、知名度や危険度なども含めて世界を代表する海賊です。

ハンコックが王下七武海に入ったのは13年前で、ハンコックがまだ18歳の頃です。
この頃にハンコックは女ヶ島アマゾン・リリーの皇帝、並びに九蛇海賊団の船長になり、その後たった一度の遠征でハンコックの首には8000万の懸賞金がかけられました。
元々、九蛇海賊団は悪名が轟いる海賊団で政府側は危険視していましたが、このことをきっかけにさらに警戒が強まり、政府はハンコックに七武海加盟を勧めて、ハンコックは王下七武海入りを果たしました。

たったの一回の戦いでで8000万の懸賞金がかけられたハンコック!若くして王下七武海入り🤗
政府はハンコックが九蛇海賊団の船長としてこれからどんどん成長していくと思ったのでしょう。
そして今もその強さは健在。やはりハンコックはとんでもないやつ😄

王下七武海制度が撤廃になって称号を剥奪されたハンコックを海軍が捕らえに来てましたが、ハンコックはそう簡単には捕まらないという自信があり、自分たちが王下七武海に入ったのは強さゆえということで、海軍が来てもハンコックは微動だにせずに余裕の振る舞いでした。
強いからこそ余裕があるハンコック😄

ハンコックが強い!戦闘シーンがかっこいい!

作中ではハンコックの戦闘シーンが何度か描かれています。

初登場の時には海軍本部の中将モモンガが軍艦でハンコックのもとにやって来ますが、モモンガ以外はハンコックが能力で全員石に変えてしまいました。一瞬の出来事で、多人数相手にあっという間に戦闘不能状態にしてしまいました。

頂上戦争では白ひげ海賊団の他に海兵にも攻撃をしていて、スモーカーやパシフィスタを食い止めてるシーンもありました。ハンコックは七武海として政府側の人間ではありますが、あくまで男は敵と考えてルフィ以外の男には容赦無く攻撃していました。

七武海だけあってやっぱり強い😄
普通の男ならすぐにハンコックに見惚れてしまい、能力で石にされてしまいます。
ハンコックの足技がかっこいい!必殺技「芳香脚(パフューム・フェムル)」が最高😍

2年後に黒ひげ海賊団と戦った時も黒ひげ以外を全員石に変えてしまっていました。
黒ひげの言う通り、男ならハンコックを相手にするのは厳しそうです😅やましい心ですぐに石にされてしまいます笑




まとめ

ハンコックは覇王色の覇気を持つかっこいい最強美女!

数百万人に一人しか持っていないと言われる覇王色の履きの持ち主で、王下七武海の一人でもあるため実力もすごい😄

強さゆえ王下七武海になったハンコック!

その強さから、常にクールで余裕の振る舞いを見せています。

戦闘では悪魔の実の能力を使い、自分の美貌さえも武器にして戦っています😍

ハンコックはかっこいい海賊女帝!ワンピースの女キャラの中ではかなり上位の実力を持つ人物でしょう。




お読みいただきありがとうございました。
感想などがあればお気軽にコメントください😄

↓トップページ↓
《アニメ・漫画の二次元ブログ》

おすすめの記事