モリアの強さはどれくらい?黒ひげと接触して現在はどうなったのか?


ワンピースに登場する海賊「ゲッコー・モリア」!

モリアは元王下七武海の一人で、かつてはルフィたちとも戦い、激戦を繰り広げました!

影を操る「カゲカゲの実」の能力者で、相手の影を奪い取ってゾンビ兵を作ったりモリア自身も能力を使って厄介な攻撃を仕掛けてきます。

その後、頂上戦争でも登場して白ひげ海賊団と戦いました。

2年後、再び登場したモリアは現四皇の黒ひげと接触してその後どうなったのか明かされてません。

元王下七武海のモリアですが、モリアはどのくらい強いのか?黒ひげと会ったあとはどうなったのか?

モリアについてまとめました!




モリアのプロフィール

名前:ゲッコー・モリア
年齢:48歳→50歳
誕生日:9月6日
悪魔の実:カゲカゲの実

モリアは元元王下七武海です。元々の懸賞金は3億2000万ベリー。
身長は692cmあり、ワンピースのキャラクターの中でもかなりの巨漢です。スリラーバーク海賊団船長。
性格は他力本願。めんどくさがり屋。プライドが高い。基本的に自分で物事を始めずに他人に任せます。口癖は「早くおれを海賊王にならせろ」。
昔は自力の過信と野心に満ちていましたが新世界で仲間を全て失い、それからは他力本願になりました。
しかし、仲間思いの一面もあり、2年後に再登場したときは仲間のアブサロムを連れ戻すためにひとりで黒ひげ海賊団のアジトに乗り込むシーンが描かれていました。
「雑魚海賊抑制のため七武海の座についてやってる」という発言があり、七武海の中では海賊を駆除する仕事を一番果たしていたと思われます。
モリアは自分で「本物の海賊」と言っていて、相手に恐れて引くことはありません。そのためモリアには死さえも脅しにはなりません。
かつてはスリラーバークという島でルフィたちとも戦って激戦を繰り広げました。スリラーバーク四怪人の一人。「魔の三角地帯(フロリアン・トライアングル)」という海域を拠点にしていて、そこに入り込んだ麦わらの一味と戦うことになります。その時はルフィ、ゾロ、サンジの影を抜き取って新たなゾンビ兵を作り、ルフィの影は巨人族の「魔人」と呼ばれた狂戦士『オーズ』に入れられました。
ルフィたちとの戦いのあとは頂上戦争にも参加して、白ひげ海賊団と戦いました。頂上戦争編までは王下七武海として政府側の人間でしたが、頂上戦争後には「実力不足」という理由で七武海から外されることになり、ドフラミンゴがパシフィスタを引き連れてモリアを抹殺しようとしました。
2年後には黒ひげの海賊団の元に仲間を助けるために現れて再登場しました。
四皇の一人である「カイドウ」とも渡り合ったことがあり、その時は「ゲッコー海賊団」の船長で、偉大なる航路(グランドライン)の後半の海「新世界」でカイドウと戦い、その時に仲間を全て失いました。仲間を全て失ったモリアは、部下の重要性を考えて、死んでも何度でも蘇ることのできる〝ゾンビ兵〟を部下にすることを決めます。そしてゾンビ兵を従えて再び海賊団を結成し、海賊王を目指すことになりました。
部下は側近が3人いて、アブサロム、ペローナ、ホグバックの3人で、モリアを合わせてスリラーバークでは部下のゾンビ兵たちに「スリラーバークの四怪人」と呼ばれています。

カゲカゲの実の能力者!

モリアは悪魔の実の能力者で、超人系(パラミシア)の「カゲカゲの実」を食べた能力者です。
自分や相手の影を操ることができます。
相手の影を切り取って、それを死体に入れることによって新たなゾンビ兵を作り出すことができます。ゾンビ兵はやられても何度でも蘇ることができます。弱点は「塩」。
ゾンビ兵を倒す方法は2つあり、1つは主人であるモリアの口から「主人の元へ帰るように」と発言させる方法で、2つ目はゾンビ兵の口に塩を入れて浄化させるという方法です。
影が抜かれたゾンビ兵は、口から影が抜けていき、そのまま倒れて死体に戻ります。
ゾンビ兵が間違って塩を口に入れても同じ状態になってしまいます。塩焼きを食べたゾンビ兵が浄化されてしまったというエピソードもあります。
影を切り取られた人物は気を失い、しばらくすると目を覚まします。影がないため鏡に映ることはありません。日に当たると体が消滅してしまうため、影を取られた者は日の当たらない場所で生活をしなければなりません。

戦闘では自分の影を使って分身を作ったり影でコウモリを作って攻撃することができます。自分と分身の位置を入れ替えることができます。
ゾンビ兵の影を全員分集めて自分に取り入れてパワーアップすることも可能。かなりのパワーアップになるため、モリア自身、力を制御できない場合があります。

モリアは強いのか?実力とは?

モリアは七武海ということで実力は強い力を持っています。
しかし、ルフィに敗れ、そのあとは頂上戦争編ではジンベイにやられてドフラミンゴにやられて、実力的にもインパクトがあるわけではなく「影」を使った地味な技ということで読者からは“弱い”という印象を持たれています。
ただやはり七武海なので、他の海賊に比べたら圧倒的に強いはずです。ワンピースのキャラの中では微妙な実力に思われているモリアです。

モリアの能力は影を使った厄介な能力で、相手を惑わせたり影を切り取って日を弱点にしたり、かなり厄介な能力ではあります。モリア自身も巨体でパワーがあります。
部下は何度でも蘇るゾンビ兵を引き連れているということで、モリアを敵に回したら戦うのが大変になりそうです。

実力的には七武海なので強いですが、四皇や海軍大将、他の七武海たちなどに比べたら劣るかと思われます。

過去にルフィたちと戦った

モリアは過去にルフィたちと戦っています。
ルフィたちとの戦いは行本46巻〜50巻で描かれていました。

この話は、ルフィたちがウォータセブンを出航してその後、魔の海域である「魔の三角地帯(フロリアン・トライアングル)」に入り、そこでブルックと出会うところから始まります。
モリアの島ごと動く海賊船「スリラーバーク」の中に入り、そこでモリアやゾンビ兵たちが登場します。
そこでルフィは影をとられて、ルフィの影はかつて魔人と呼ばれた狂戦士の「オーズ」に入れられました。
スリラーバーク編は麦わらの一味VSゾンビ兵や魔人オーズ、モリアを含めた四怪人との戦いが描かれています。

最終的にはルフィがモリアを倒し、モリアに影をとられた今までの被害者たちの元には無事に影が戻ります。

そして、スリラーバーク編は最後にモリアと同じ王下七武海である「バーソロミュー・くま」との戦いが描かれました。

ワノ国やカイドウとの関係

ワノ国編ではモリアがかつて肩を並べたと言われていた四皇の「カイドウ」が登場しています。そしてスリラーバーク編ではワノ国出身の伝説の剣豪「リューマ」が登場していました。

モリアは昔、ゲッコー海賊団としてカイドウ率いる百獣海賊団と戦っていて、同時期にワノ国では剣豪リューマの墓荒らし事件が起きています。
墓荒らし事件は、何者かによってワノ国から「リューマの死体」と「名刀の秋水」が盗まれた事件です。
スリラーバークで登場したリューマの影が入ったゾンビ兵はワノ国の名刀である刀「秋水」を持っていました。

このことから、この墓荒らし事件の犯人がモリア だったのではないかとも考えられます。

ワノ国では「光月」という名前が出てきますが、光月は反対に読むと「月光」で「ゲッコー・モリア」の名前にも関係しているのではないかとも考えられます。
モリアとも昔戦ったカイドウも登場しているので、モリアもワノ国に関して何か関係があるのかもしれません。

頂上戦争後に消えた理由

モリアは頂上戦争後に姿を消しています。
頂上戦争後に七部海として「実力不足」ということを言い渡され、ドフラミンゴとパシフィスタ数体によって襲撃にあっていました。

死亡寸前のモリアでしたがこの時にドフラミンゴの前から急に姿を消しています。

その理由は部下のアブサロムによるスケスケの実の能力でした。
モリアはなんとか助けられ、その後回復します。

モリアは仲間思いで優しい

モリアは2年後に再登場していますが、その時にモリアは部下のアブサロムを救うため一人敵陣である黒ひげ海賊団のアジトに乗り込んでいます。

仲間を助けるために四皇のアジトに一人で乗り込むモリア。

普段は他力本願で自分から動こうとしませんが、実は仲間思いで優しい一面がありました。

黒ひげと会って死亡?現在は生きているのか?

モリアは部下のアブサロムを助けるために、黒ひげ海賊団のアジト「ハチノス」に乗り込んでいます。
しかし、その後は登場がありません。

一体、黒ひげに会ったあと何があったのか気になるところです。現在は果たして生きているのか?

可能性としては3つあり、1つは〝一黒ひげ海賊団の仲間になる〟で、2つ目は〝その場で殺される〟で、3つ目が〝島から逃げる〟かと思われます。

黒ひげはモリアのことを仲間に誘っていましたが、モリアのことなので仲間になるとは考えにくいです。仲間を救いに来て結局自分から黒ひげの仲間になってしまったら部下のことを見捨てることになり何のためにアジトに乗り込んだのかわからなくなってしまいます。
ただし、黒ひげ海賊団によってやられたあと強制的に仲間に加えられたというパターンはありそうです。

その場で殺されるという可能性もあり、攻撃してきたモリアに対して黒ひげ海賊団が返り討ちにするというパターンです。
戦った場合、一人でやって来たモリアには当然勝ち目はなく、あっさりとやられてしまうでしょう。しかも黒ひげ海賊団なので一人一人が七部海級もしくはそれ以上の実力を持っているかと思われます。

そして、島から逃げるというパターンですが、この可能性もなくはないですが、死を恐れないモリアの性格からして恐れて逃げ出すということは考えにくいでしょう。

いずれにしても黒ひげ海賊団と絡みがあったモリアの今後の登場が気になるところです。




まとめ

モリアは元王下七武海で影を操るカゲカゲの実の能力者!
過去にはルフィやカイドウとも戦っていて、作中でも何度か登場して活躍しいます!

2年後は黒ひげ海賊団のアジトに現れて、その後どうなったのか不明です。

死亡している可能性もありますが、モリアにはぜひまた登場してほしいです。

仲間を助けるために一人敵陣に乗り込むモリア😄仲間のためにめちゃくちゃキレてました。アブサロムが出てきて無事だと知った時の笑顔!でもその人物がアブサロムではなかったということで戸惑うモリア。
モリアは仲間思いでいいやつ😄
昔仲間を全て失ったのがトラウマなモリアさん。他力本願だけど仲間思いなところがあるいいやつ😄

ゾンビ兵を引き連れて再び海賊王を目指してほしいですね!




お読みいただきありがとうございました。
感想などがあればお気軽にコメントください😄

↓トップページ↓
《アニメ・漫画の二次元ブログ》

おすすめの記事