【怪物事変】公安警察「ゲンジ」の渡辺綱万代(ツナマヨ)はシキとどんな関係なのか?

京都の公安警察「ゲンジ」の所属するツナマヨは怪物屋のシキと京都で会う前からの知り合いです。

この2人はミハイが作った仮想現実ゲーム「ミハイクエスト」がきっかけで出会いました!

ツナマヨはシキと何度か一緒になって話したことがありますが、直接会ったのは怪物屋が任務で京都に来た時でした😀

ツナマヨとシキはどのような関係なのか調べてみました!




京都の公安警察「ツナマヨ」!

ツナマヨは現在京都に住んでいる公安警察の一員です。本名は渡辺 綱万代(わたなべ つなまよ)。
ハッカー。機械が大好き。性別は不明。年齢17歳。

公安警察の「ゲンジ」という特殊なチームの一員で、ゲンジが捜査しているのは〝怪物〟です!
ゲンジのメンバーは全員が人間です!

ツナマヨは普段はパソコンやドローンなど、機械を使って相手と話をします。ツナマヨ自身、人見知りなため長い付き合いや気を許した相手でないと本人の前には現れません😖

子供の頃から機械をいじるのが大好きで、機械に関しては人一倍優れています!
ハッキングして相手の情報を探ったりすることも可能!
高性能を持つロボットなどを多数作り出して任務でも活躍しています。機会に関してツナマヨより詳しい人物はそうそういないでしょう😀

ツナマヨはシキとどんな関係なのか?

京都の公安警察のツナマヨは「怪物」を捜査する人間です。一方、シキは探偵事務所で怪物に関する依頼を解決する怪物です。

怪物は普段人間に紛れて生きている生き物なので、本来であれば仲良くできる関係ではありません。
公安警察のツナマヨにとっては怪物であるシキは捜査の対象になり、もしシキが何か問題を起こしていることがわかれば討伐対象になります。

「ミハイクエスト」でゲームの中で初めて会った時は、ツナマヨはシキが怪物であることを知らなくて、ゲーム中のあとから知ることになります。ミハイクエストではパーティを組んで協力してゲームを進めていきました。
この時はお互い仲が良い友達同士のような関係でした。

京都にある怪物の結石を手に入れるため怪物屋がツナマヨの元を訪れた時、織はそこで初めてツナマヨが公安の公安の人間だということを知りました😀

京都編では再びツナマヨとシキが手を組むことになります!

ツナマヨとシキが登場する話


ツナマヨとシキが登場する話は3回あります。

1回目は「ミハイクエスト」の時で、この時はデーム内で初めて会ってパーティを組んで最初のステージを一緒にクリアしました。

2回目は桜牙ハム編の時で、この時は千葉にある桜牙ハム千葉工場に怪物屋がやって来ますが、ツナマヨは工場を守る敵役としてシキの前に現れました。
シキ&晶VSツナマヨが見れます😄

3回目は京都編です。この時にシキは初めてツナマヨの外見を知ることになりました。今まではゲームの中やドローンとして登場していたツナマヨでしたが、京都編ではついにシキと直接話す機会ができました。
怪物屋とゲンジの手合わせでシキVSツナマヨが描かれています😊




まとめ

ツナマヨは公安警察「ゲンジ」の一員で、怪物を捜査する人間です!

ツナマヨとシキは人間と怪物なので普段なら一緒にいることはなく、ツナマヨは怪物であるシキを捜査、シキは人間であるツナマヨには関わらないようにする、という関係です。

今まで何度か一緒になったことがあり、京都では手を組むことになります!

この2人は人間と怪物ですが本編を見てると友達のようなお互いをよく知ってるような感じですね😄
ツナマヨもシキのことを意識していて怪物のことを好きになっています。この先、飯生討伐のために怪物屋と手を組むことになりますが共闘が楽しみですね😆

ツナマヨとシキが一緒に活躍するところを見れるでしょう。




お読みいただきありがとうございました。
感想などがあればお気軽にコメントください😄

おすすめの記事