【ワンピース】マゼランはなぜいつも腹痛?トイレで下痢?原因は能力?弱点は短い勤務時間

ワンピースに登場するマゼランはインペルダウンの重要な人物として働いていますが、普段は長い時間トイレにこもっています。

マゼランはいつもトイレにこもっているため、勤務時間が短くなっています。

毒を使う厄介な能力を持っていますが、その反面、お腹を下すというデメリットがあります。

マゼランの食べた悪魔の実や普段の勤務状況についてまとめました!




マゼランは「ドクドクの実」の能力者

マゼランは悪魔の実の能力者で、超人系(パラミシア)の「ドクドクの実」の能力者です。

体から毒を出すことで相手を毒におかすことができます。さまざまな毒を使うことができて、神経性の痛みを伴う毒を使ったり毒の霧を出したり建物を壊す威力の毒を出したり、たくさんの毒を使うことができます。

マゼランの毒は専用の解毒剤が作られていて、その解毒剤を使わない限りは助かりません。

ため息や唾液もにも毒があるため、本来は近づくのも危険です。

ドクドクの実の能力者は毒物を食べれるようになりますが、消化しきれないため結果的に下痢になってしまいます。また、能力(毒)を使いすぎても下痢になってしまいます。

マゼランが腹痛でトイレにこもっている理由

マゼランは1日のほとんどをトイレで過ごしています。

理由は腹痛でトイレで下痢をしているためです。下痢になる原因は毒物を食べて食当たりになっているためです。

マゼランはドクドクの実の能力者になり、毒を摂取できる体になりました。そのため毒物をよく食べるようになってしまい、そのせいで下痢を引き起こすようになりました。

ドクドクの実の能力者は毒物を食べることができますが、しっかりと消化されないためその結果、下痢を引き起こします。

1日のほとんどをトイレで過ごしているマゼランですが、その時間は10時間程と言われ、起きてる時間帯は半分以上の時間をトイレで過ごしているかと思われます。

能力の毒を使いすぎても下痢になるため、勤務中でもトイレにこもることがあります。

マゼランの勤務時間

マゼランの勤務時間はいつも4時間です。

仕事に対しては真面目で、これまでに多くの海賊を閉じ込めて来てルフィが侵入するまでは金獅子のシキを除いて一人の脱獄者も出したことはありませんでした。

これまでの実績があり、戦った時の強さもかなり強いマゼランですが、普段トイレにこもる時間が長いため、その分、勤務時間が短くなっているのがマイナスの部分です。




まとめ

インペルダウンで登場したマゼランは体から毒を出すことができるドクドクの実の能力者です。

ドクドクの実の能力者は体から毒を出すことができ、毒物も食べれる体になります。しかし、毒物を食べた場合はうまく消化されず腹痛になって下痢を引き起こしてしまいます。

マゼランは強い実力がありますが、普段からトイレに籠っている時間が長いため勤務時間は短くなっています。

マゼラン、普通に戦ったら強いけど動ける時間が短い😄
ドクドクの実はかなり危険な悪魔の実ですが、毒を使いすぎても下痢になってしまうので大きなデメリットが…😅

トイレにこもってる時間が毎日10時間のマゼラン。トイレで寝てることもあったりして笑

囚人たちには「下痢野郎」と言われて馬鹿にされることもありますが実力は本物でドクドクの能力で一瞬にして相手を戦闘不能にしてしまうことができます。殺傷能力はかなり高い悪魔の実です。

下痢がなければマゼランはさらに厄介な人物になっていたでしょう。




お読みいただきありがとうございました。
感想などがあればお気軽にコメントください😄

↓トップページ↓
《アニメ・漫画の二次元ブログ》

おすすめの記事