【ワンピース】天竜人の初登場は何巻何話?一人称や容姿、笑い方や喋り方、語尾について

シャボンディ諸島で初登場した「天竜人」。

特徴的な服装や話し方が特徴的で、シャボンディ諸島編以降も名前が出たり実際に登場するようになりました。

天竜人の初登場は何巻何話なのか?見た目や話し方、一人称などはどのようになっているのか?

天竜人の初登場や特徴についてまとめました!




天竜人の初登場は何巻何話?

天竜人の初登場は51巻の「497話」です。

船をコーティングしてもらうため麦わらの一味はシャボンディ諸島にやって来ます。

そこで世界貴族の天竜人が登場しました。

シャボンディ諸島ではルフィが天竜人を殴り飛ばすという大事件が起きます。事件の報告を受けて島には海軍大将が軍を率いてやって来ます。他の海賊団も巻き込まれ、島は戦争状態になります。

天竜人の一人称や容姿、笑い方や話し方について

作中で登場した天竜人は男女両方います。

一人称は男の天竜人は「わちし」「わちき」などがあり、「私」と言ってる者もいます。女の天竜人は「私」。

容姿は潜水服のようなものを着ていて、頭を覆うシャボンをつけています。手には手袋を着用。肌の露出がないように全身を服でしっかりと隠しています。
これは一般市民と直接肌がふれないように、そして一般人と同じ空気を吸わないようにしているためでしょう。

話し方は「え」や「アマス」がつくのが特徴です。
男は語尾に「え」をつけて話します。「一体どこへ行ったんだえ?」「どっちが大事かえ?」「人魚が売ってるえ〜!!」など。
女は「アマス」をつけて話します。「壊れちゃったアマス」「遅いアマスね……」「なんだと思っているのアマス!!!」など。
この話し方は天竜人だけの話し方で、一般市民とは違うという格付けで使っているのかもしれません。元天竜人のドフラミンゴは昔はこの話し方でしたが現在は普通の話し方になりました。

笑い方は聖地マリージョアでチャルロス聖が「むっふふふふーん♡♡」と笑っているシーンがありました。




まとめ

特徴的な見た目や話し方をする天竜人。初登場は51巻497話です。

潜水服のようなものを着ていて、話し方は語尾に「え」や「アマス」などをつけています。

天竜人は全員が同じような服装や話し方をしています。

シャボンディ諸島では天竜人の家族が登場していました。ロズワード聖、チャルロス聖、シャルリア宮。
魚人島の過去編ではミョスガルド聖という天竜人が登場していて、シャボンディ諸島の天竜人と同じような見た目や話し方をしていました。

名前は男には「聖(せい)」、女には「宮(ぐう)」がつくみたいですね😄

天竜人の特徴としてはほぼ全員が性格が悪くブサイクな見た目をしています。

ブサイクな見た目の理由は作者が質問コーナーで答えていて、権力を振りかざして優しさのかけらもないから変な顔にしてるそうです😄笑

シャボンディ諸島で初登場した天竜人ですが2年後にも聖地マリージョアで登場しています。見た目や話し方は変わってなく、相変わらずの天竜人でした😅




お読みいただきありがとうございました。
感想などがあればお気軽にコメントください😄

↓トップページ↓
《アニメ・漫画の二次元ブログ》

おすすめの記事