【ダイの大冒険】続編「魔界編」はいつ?最終回後の続きやラスボスを考察!

2020年10月からアニメで放送されている『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』!

ダイの大冒険は原作ではすでに完結していて、最後は勇者ダイが大魔王バーンを倒し、その後最後の黒幕キルバーンから地上を守るため仲間たちの前から消えてしまいます。

原作は最終回を迎えて終わりましたが、現在はアニメがされていて原作のその後の続きが描かれないかという期待の声が出ています。

もし、続編を描くとしたらファンの間でも話題になっている「魔界編」かと思われます。

ダイの大冒険の続編「魔界編」は描かれるのか考察しました!




続編「魔界編」は原作・アニメで描かれるのか?

『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』の魔界編については、原作・アニメ共に描かれるのか。

これについて、可能性としては低くはないと思います。

というのも、原作のダイの大冒険は本来、大魔王バーンを倒したあとに続編の魔界編を描こうとしていたと原作者は雑誌で語っています。
すでに構想があったことから、続編がこの先描かれる可能性は十分にあるかと思われます。原作が最終回を迎えてすでに30年近く経っていますが、2020年に再びリメイク版としてアニメ化して話題になっている作品なので、これを機にもしかすると続編の魔界編が描かれるかもしれません。

アニメは原作の最後まで描かれると思われますが、描かれるとしたら今年か来年2023年以降になります。
または続編はTVアニメではなく、劇場版として映画で放送されるという可能性もあるかと思います。

TVアニメダイの大冒険はアニメ関係者によると100話で完結と言われています。続編の確実な情報は現在のところ出ていなく、続編をやらずにそのまま原作通りに終了というパターンも考えられます。

ファンとしてはやはり原作・アニメ両方で続編を見たいところです。

「魔界編」考察

ダイの大冒険の作者は連載をしていた頃に魔界編についてはすでに構想があったようです。

内容については、ダイが大魔王バーンを倒して地上を去った5年後の物語

ダイは新たに竜騎将となって、新竜騎衆は陸戦騎はラーハルト、海戦騎はクロコダイン 、空戦騎は新キャラとなる予定だったそうです。

作者のインタビューによると、もし魔界編を週刊連載するとしたら3年〜5年はかかる壮大なストーリーになると話していました。

魔界編のストーリーはどのようになっていたのか?

ダイの大冒険の魔界編のストーリーについては、原作の最終話からの5年後のストーリーで描かれる予定だったそうです。

ダイは地上を守るため地上を去って、そのままポップたちの元に帰ってこないまま最終回を迎えましたが、魔界編はその続きの話で、ポップたちがダイを探しに行くところから始まるようでした。

魔界には3つの勢力があり、一つは大魔王バーン、もう一つは冥竜王ヴェルザー、そしてもう一つが新しい勢力ということで、この新しい勢力を地上に出さないためにダイと新竜騎衆が魔界で戦うという物語になっていました。

魔界編のラスボスは誰なのか?

魔界編のラスボスについては、作者も話しているように魔界の3勢力のうち、本編には登場しなかったもう一つの勢力のボスが最終的に魔界編のラスボスになるかと思われます。

大魔王バーンと冥竜王ヴェルザーに並ぶ存在なので、おそらくとんでもなく恐ろしい実力と思考を持った存在なのでしょう。部下も魔界の強いモンスターたちがたくさん登場しそうですね。

作者によると、この3つの勢力のボスは「負けた者は石になる」という賭けをしていたそうです。
バーンも最後はダイに負けて石になっていました。

魔界への入り口はどこなのか?

魔界へはどのようにして入るのか?
これについてはいくつか入り口があるのではないかと思われます。

作中でアバンはダイに出会ったあとハドラーと戦いますが、戦いに敗れ、そのあと修行のために「破邪の洞窟」に入っています。
この破邪の洞窟ですが、アバンはこの時には地下150階まで到達していますが、破邪の洞窟はそれより深い階層が存在する事が判明しています。
もしかしたら破邪の洞窟の最下層が魔界への入り口である可能性もありそうです。

また、南海の孤島にある「デルムリン島」も魔界への入り口である可能性があります。
デルムリン島の森の奥地には巨大な大穴があり、その穴は別の場所へと繋がっていると言われています。島の火山帯に直結していてマグマが流れていることから、この穴こそ魔界への入り口なのではないかと思われます。

作中でダイがバーンを倒し、最終話ではポップがマァムとメルルと旅をしているところが描かれています。
この時ポップは地図を見ていましたが、もしかするとその地図に描かれている場所が魔界への入り口で、ちょうど探しているというシーンだったのかもしれません。

魔界への入り口の候補はいくつかあり、入り口は一つだけではなくいくつか存在するということも考えられます。

魔界の第3勢力のボスの種族とは?

魔界には3つの勢力がありますが、バーンとヴェルザーはすでに登場しています。

バーンは「魔族」、ヴェルザーは「竜(ドラゴン)」ですが、最後のもう一人の種族は果たしてなんなのか?

これについてはもしかすると「人間」なのではないかとも考えられます。

ダイの大冒険には3つの種族が存在します。「魔族」「竜(ドラゴン)の騎士」「人間」。
この中で魔族と竜が登場しているので、残る一人は人間なのではないかとも考えられます。
しかし、人間が魔界にいるというのも考えにくいというのがあります。何か特別な力を持った人間か、または人間ではなく他の種族という可能性もあります。




 まとめ

『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』の続編の魔界編は今後描かれる可能性もあるかと思います!

現在TVアニメで新しくリメイク版として放送されていますが、バーンを倒したあとの話をぜひ見てみたいです!

放送されるとしたら2023年以降の気もしますが、続編が描かれずにそのまま終わってしまうというパターンも十分考えられます。

作者も元々「魔界編」の構想はあったようなので、ファンとしては是非みてみたいですね!

魔界編が描かれるとしたら内容は最終話から5年後の話で、魔界での戦いが描かれます😄

TVアニメでも映画でもなんでもいいので見てみたい😍かなり面白そう。魔界編期待。
ダイの大冒険は連載から30年以上経ちますが、いまだに人気の作品です!
これからもさらに人気作品となってほしいです☺️




お読みいただきありがとうございました。
感想などがあればお気軽にコメントください😄

↓トップページ↓
《アニメ・漫画の二次元ブログ》

おすすめの記事