【ダイの大冒険】ダイはラストに死亡?生存や行方!生きてる?死んだ?最後は帰ってくる?

ダイの大冒険の主人公・ダイは最後どうなったのか?

ダイはバーンとの最終決戦を終えて仲間たちの元へ帰ってきます!しかし、その後、キルバーンが現れ、黒の核晶(コア)の爆発を防ぐため爆弾ごと持って空へ飛びます。

ダイは犠牲になり地上は救われました!

原作はそこで最終回となりましたが、ダイは最後一体どこへ行ってしまったのか?果たして無事に生きてるのか?最後はちゃんと仲間たちの元に帰ってくるのか?

ダイの生存や行方についてまとめました!




黒の核晶から地上を守るダイ

ダイは一対一のバーンとの戦いで勝利して、その後、仲間たちがいる場所の空から落ちてきます。仲間たちはダイに気づいて、ダイと合流。ダイは意識を取り戻して、仲間たちにバーンを倒したことを報告します😄

大魔王バーンを倒し、全員が喜んでいましたが、その時に死んだはずのキルバーンが目の前に現れます!

キルバーンの正体は人形で、使い魔の一つ目ピエロのピロロがキルバーンを操っていました。
ピロロは人形に仕込んである黒の核晶を爆発させようとします。

その時にダイたちは爆発を阻止しようとして、ダイとポップは人形を抱えて遥か上空へ飛んでいきます。
ダイはポップを爆発に巻き込まないためにポップを蹴り落とし、爆弾と共に飛んでいきました。

その後は地上に平和が訪れましたが、肝心のダイはいない状況です。

ダイの生存や行方

「ダイの大冒険」は、ダイがいない状況で最終回を迎えました。

ダイの生存については作中で明かされていて、生死については「生きてる」とのことです!
しかし、行方はわからず、どこで何をしているかは不明です。

爆発のあと、ポップたちはダイを探すためいろいろな場所を回りましたが、結局何の手掛かりもないままでした。

ダイが生きてるという証拠は「ダイの剣」にあり、ダイの剣はダイのために作られた魂が込められた剣です。そのためダイが死んだら剣も死に、ダイが生きていたら剣は光を失いません。

ダイの剣は光り輝いたままで、ダイが生きてる証拠として、ロン・ベルクが説明していました。ロン・ベルクによるとダイがいるのは地上ではなく、天界や魔界の可能性があると発言していました。

ポップたちはダイが帰ってくるその日まで自分たちが地上を守り続けると決心して、ダイの帰りを待つことにして「ダイの大冒険」は最終回を迎えました。

最終回を迎えたダイの大冒険ですが、このあと作者のインタビューがあり、「ダイの大冒険」は当初、続きの『魔界編』を描く予定だったそうです。
大まかな設定も決めていたそうですが、作者側の事情で魔界編は描かれることはありませんでした。

そのため、最終回でみんなの前から消えたダイがその後いたのは「魔界」だったということになります!




まとめ

ダイは最後に地上を守るためにみんなの前から爆弾と共に消えていきました。

その後、みんなの元に現れることはなく、「ダイの大冒険」はラストを迎えました。

生死についてはダイは死亡したわけではなく、魔界で生きていました!ダイ生きてる😄

ダイのおかげで地上は救われましたが、地上には帰って来ないまま原作は終わりました。もし魔界編が描かれるとしたら、今度は魔界での戦いになります😄

幻の魔界編となりましたが、「ダイの大冒険」は2020年にリメイク版として再びアニメ化され、ゲームやグッズなども出て人気上昇中のトレンド作品になっています!

これを機に幻となった〝ダイの大冒険・魔界編〟も原作やアニメでぜひ見てみたいですね🤗




お読みいただきありがとうございました。
感想などがあればお気軽にコメントください😄

↓トップページ↓
《アニメ・漫画の二次元ブログ》

おすすめの記事