漫画『ONE PIECE』最新刊97巻の感想

現在、週間少年ジャンプで連載中の漫画『ONE PIECE』の最新刊97巻の感想をまとめました。

この巻では新世界「ワノ国」での戦いの様子が描かれています。敵のボス・カイドウが支配する国でルフィたちは仲間を増やして、カイドウの本拠地「鬼ヶ島」へ向かいます。




 

あらすじ

ルフィたち「麦わらの一味」はキッドとローの海賊団、ワノ国の侍たちと一緒にカイドウのいる鬼ヶ島を目指します。

一方、カイドウのいる鬼ヶ島ではそれぞれ部下たちや幹部たちも集められて盛り上がっていました。

鬼ヶ島についたルフィたちはカイドウの軍と戦うことになります。

 

感想

この巻は鬼ヶ島に向かうルフィたちですが、その途中で仲間も増えてさらに戦力が上がっていました。

前巻では味方側だと思っていた、侍たち「赤鞘九人男」の一人、カン十郎が敵のスパイだったということがわかって、衝撃的でしたが、その代わり敵側だと思っていた居眠り狂死郎が侍たちの仲間だったということがわかりました。まさかの展開が続いて驚きました。

そして、ルフィキッドローの共闘も久しぶりに見ることができて良かったです。52巻のシャボンディ諸島以来ですね。あっという間に敵の船を沈めていました。やはり実力は2年前とは比べものにならないくらいになっています。

狂死郎が「赤鞘九人男」の一人、傳ジローで、ルフィたちの仲間に加わって、ついにジンベイも出てきて仲間に加わりました。ジンベイは麦わらの一味の「操舵手」のようです。役職も決まって、麦わらの一味がさらに強くなりましたね。ジンベイは元七武海なので実力は相当です。船長のルフィはもう七武海以上のレベルはありそうですね。ホールケーキアイランドの一件でルフィは5番目の皇帝と呼ばれていました。初期の頃と比べてかなり成長してきましたね。

カン十郎が敵になってからすごく強いキャラに見えてきました。一応「赤鞘九人男」の一人なので実力はあるんでしょうけど今まで強そうな描写がなかなか無かったので。

新キャラも続々登場で、飛び六胞がかっこ良かったですね。ドレークもいました。カイドウ側にはアプーやホーキンスもいるのでかなり手強いです。

鬼ヶ島でアプーがルフィやゾロに攻撃を仕掛けるシーンがありましたが、遠距離からいきなり攻撃が来るので厄介だと思いました。そしてキッドがアプーを見つけて怒りの一撃を与えます。渾身の一撃という感じでした。

マルコイゾウも登場して本格的に戦うシーンが見れるのは頂上戦争以来です。カイドウの城の内部ではルフィと飛び六胞のうるティとページワンが戦うことになりますが、飛び六胞の二人の恐竜の姿を見れました。カイドウの部下は恐竜などの古代種の悪魔の実の能力者がたくさんいるのでかなり強そうです。今までの戦ってきた中で今回が一番強いと思います。恐竜の能力者がたくさん出てきたら苦戦しそうですね。

最後はカイドウの娘のヤマトが登場しました。かわいいですね。実力は相当なものでうるティを一撃で仕留めました。エースとも関係があるようです。ルフィたちに味方しそうな雰囲気で悪いキャラではなさそうです。

今回の97巻では戦闘シーンがかなりあって、白熱していました。次巻ではさらに戦いが加速して盛り上がりそうです。時間も楽しみですね。

 

質問コーナーのSBSでは、ワンピースがあと5年で終わるということが書かれていましたが、本当に終わってしまうのでしょうか。もし本当に終わるとしたら複雑ですね。最終回がどんな感じで終わるのか、今まで謎だった部分がどう解明されて行くのか、麦わらの一味のメンバーは夢を叶えるところ、などいろいろと気になるところもありますが、ワンピースが終わってしまうのはやっぱり少し寂しい気もします。

元々、作者の尾田栄一郎さんはこのワンピースという作品を5年で完結させる予定だったと以前書いていましたが、気がついたらその期間を超えてしまっていたようです。

今回のSBSでは、このワノ国編が終わったら「ワンピース史上最も巨大な戦い」があるようです。ということは、このワノ国編が終わったら、あと5年でワンピースが終わるというのを考えたらワノ国編の次の章が最後という可能性もあるかもしれません。作者の尾田栄一郎さんが最終章にワンピース史上最も巨大な戦いを持ってくるというのは十分考えられます。

今回のワノ国編や頂上戦争編もかなり大きな戦いですが、それ以上の戦いとなるとどんな感じになるんでしょうね。今まで登場したキャラクターもたくさん出てきてほしいですね。

ワンピースは果たしてあと数年で本当に完結してしまうのか気になるところです。人気漫画のドラゴンボールやナルトは完結したあと続編も出ていましたがワンピースも続編があったらそれはそれで面白そうですね。

 

現在はワノ国で戦争が起きているのでそちらも目が離せません。97巻では新キャラや過去のキャラも一気に登場しました。これからますます面白くなりそうなので期待です。

 

見どころ

・ジンベイと再開して正式に麦わらの一味に入るところ

・鬼ヶ島に上陸して戦いが始まるシーン




まとめ

97巻では、ジンベイが操舵手として麦わらの一味に入ったり、他にも新たな戦力が増えてカイドウたちと戦うことになりました。新キャラもたくさん出てきました。

鬼ヶ島では戦いが始まって、ワノ国編がさらに面白くなってきています。

最後はカイドウの娘のヤマトが登場して終わりましたが、この後の展開も楽しみです。

 

今回は『ONE PIECE』97巻の感想についてまとめました。




質問などがある場合は下のコメント欄かページ下の管理者情報のメールアドレスからご連絡ください。よろしくお願いします。