【ワンピース】クロコダイルは優しい良い奴?ルフィやミスター1を助けた理由とは

ワンピースに登場するクロコダイルはアラバスタ編で登場したボスキャラで、ルフィと激闘を繰り広げたキャラです!

アラバスタでは国を乗っ取って悪さを企んでいましたがそれをルフィが止めました。

敵として登場したクロコダイルですが、インペルダウン編で再登場してその後ルフィと共闘することになり、ミスター1を監獄から出して助ける形になりました。

さらに頂上戦ではエースの処刑を止めたりルフィを敵の攻撃から守って、結果的にルフィを助ける形になりました。

敵として登場したクロコダイルですが実は優しいのか、良い奴なのかまとめました!




クロコダイルはアラバスタで敵として登場した

クロコダイルはワンピースの序盤の物語の「アラバスタ編」で初登場しました。

当初は王下七武海としてルフィにとっては今までで一番強いボスキャラとして登場して、ルフィと激戦を繰り広げました。

アラバスタ王国の乗っ取りを企んでいたクロコダイルはルフィたちによって計画を阻止されました。

再登場してルフィやミスター1を助ける

クロコダイルはその後インペルダウンで再登場します。

幽閉されていたところをルフィたちによって解放され、ルフィとは協力関係になり、インペルダウンから脱獄しました。
脱獄の途中、ミスター1を監獄から解放して、ミスター1もインペルダウンから脱獄することができ、クロコダイルに助けられる形になりました。

頂上戦争では、クロコダイルは何度かルフィのことを助けています。
クロコダイルは頂上戦争で元々白ひげの首を狙っていましたが、戦争の途中で海軍を敵にしています。
ミスター1はクロコダイルの命令でルフィをミホークの攻撃から助けるシーンがありました。ミホークはミスター1を一太刀で倒し、ルフィに攻撃しようとしますが、そこにクロコダイルが現れてルフィを助けていました。

他には赤犬に狙われているルフィを白ひげ海賊団の隊長たちと一緒に赤犬から守るシーンがありました。

クロコダイルはエースが処刑されそうになったときも処刑台にいた海兵を倒してルフィ側の味方をしていました。

クロコダイルは優しい良い奴?

クロコダイルはインペルダウンでルフィたちに解放されて協力関係になり、その後ミスター1やルフィを助けるシーンがあります。

インペルダウンでクロコダイルは脱獄のために兵力がいるということで、ミスター1の実力を知っていたクロコダイルはその実力を買って一緒に脱獄しようということで誘っています。ミスター1もクロコダイルになら付き合うということを言い、結果的にミスター1はクロコダイルによって檻から解放されました。
クロコダイルがミスター1を助けた理由は強い味方が必要という理由で助けたと考えられるでしょう。

頂上戦争ではクロコダイルはルフィを助けていますが、これは海軍を敵として、海軍の思い通りにはさせないという理由でルフィを助けていました。
海軍にとってクロコダイルは白ひげの首を狙う存在として、海軍にとっても都合が良いと考えていましたが、途中からクロコダイルは標的を白ひげから海軍に変えています。
ルフィを助けるためというよりは海軍を潰すために、結果的にルフィを助ける形になっていました。




まとめ

インペルダウンで再登場したクロコダイルはルフィたちによって檻から解放!その後インペルダウンや頂上戦争のマリンフォードでミスター1と一緒にルフィを助けていました。

クロコダイルはインペルダウンやマリンフォードではルフィの仲間のようになっていますが、これは一時的なもので現在は同じ海賊として敵同士になっています。

しかし、インペルダウンやマリンフォードでは結果的にミスター1やルフィを助けていて、ファンの間で「優しい」「いいやつ」とも言われています。

インペルダウン編や頂上戦争編のクロコダイルは確かに良い奴かもしれませんね😄

久しぶりの活躍ということもあってまたファンも増えたことでしょう。2年後バージョンのクロコダイルの活躍も楽しみです🤗




お読みいただきありがとうございました。
感想などがあればお気軽にコメントください😄

↓トップページ↓
《アニメ・漫画の二次元ブログ》

おすすめの記事