【ワンピース】ウタの育ての親とは?本当は誰の子供?父親や母親、血族とは?

ワンピースの映画「RED」に登場したウタは“シャンクスの娘”として紹介されていました。

しかし、ウタとシャンクスには血の繋がりはなく、本当の親子ではないことが明かされています。

ウタの本当の親は誰なのか?ウタはどこでシャンクスと出会ったのか?

ウタの家族やシャンクス との出会いについてまとめました!




ウタとシャンクスは本当の親子ではなかった

ウタは「シャンクスの娘」と言われていますが実際には血の繋がりはありません。

しかし、この2人は本当の親子のように、ウタはシャンクスのことを父親だと思い、シャンクスはウタのことを娘だと思っています。

ウタがシャンクスのことを「お父さん」と呼ばないのはシャンクスが本当の父親ではないことや周りの船員たちが「シャンクス」と読んでいたためです。
ウタはシャンクスのことを“父親”としてというより“海賊”として尊敬しています😄

劇中ではルフィがみんなにウタがシャンクスの娘ということを言っていてみんなは驚いていました😵

ウタはシャンクスとどこで出会った?

ウタは小さい頃からシャンクスと一緒で、シャンクスはウタを自分の娘のように思って過ごしてきました。

ウタがシャンクスと出会ったのは船の上で、ウタがまだ赤ん坊の時にシャンクスと出会って、それからウタは赤髪海賊団に乗ることになりました。

シャンクスとウタの出会いは偶然で、シャンクスたちがたまたま戦っていた海賊船の宝箱の中にウタは入っていて、それからシャンクスとウタは一緒に過ごすようになり、シャンクスの娘として、そして赤髪海賊団の音楽家として一緒に過ごすようになりました。

ウタの本当の親は誰?血族について

ウタとシャンクスは親子の設定で描かれていましたが、実際には血の繋がりはありません。

ウタの本当の親については明かされていません。
父親、母親共に不明で、兄弟など他の血族についても不明です。

ウタは赤ん坊の頃に海賊船の宝箱から発見されたため、もしかするとウタの親も海賊だった可能性があります。
可能性としてはウタの親が乗った海賊船を襲って赤ん坊のウタを宝箱にしまってその場から去ったというパターンや海賊がウタの住んでいる町村を襲撃してウタをさらったというパターン、元々その海賊船に乗っていたウタを宝箱に隠してシャンクスたちと戦ったというパターンなどが考えられます。

ウタの育ての親は誰?

ウタの育ての親はシャンクスで、ウタは世間では「シャンクスの娘」として、知っている者も多くいます。

ウタは赤ん坊の頃からシャンクスに育てられ、シャンクスたちとは9歳の頃まで一緒に過ごしました。

それからエレジアという島でゴードンという男と一緒に過ごすようになりました。
ゴードンもウタにとっては長く一緒に過ごした家族のような存在でしょう。




まとめ

“シャンクスの娘”として登場したウタ。

しかし実際には血の繋がりはなく本当の親子ではありません。

ウタの本当の親については不明で、ウタは赤ん坊の頃にシャンクスと出会って、それから赤髪海賊団で育てられました。

シャンクスとは血の繋がりはありませんが、シャンクスとウタ本当の親子のような絆があります😊

そして赤髪海賊団を離れたあとはゴードンとエレジアで一緒に過ごしていくことになりました。

映画では最後にウタとシャンクスが久しぶりに再会😄
この2人の再会シーンほんとよかったです。シャンクスの「離れていてもお前は一生俺の娘だ」というセリフが響きましたね☺️
ウタとシャンクスの関係が良い!




お読みいただきありがとうございました。
感想などがあればお気軽にコメントください😄

↓トップページ↓
《アニメ・漫画の二次元ブログ》

おすすめの記事