【ワンピース】ハンコックの初登場は何巻何話?どこで出てくる?いつからルフィが好き?

ワンピースに登場する元王下七武海のボア・ハンコック!

ハンコックは女ヶ島アマゾン・リリーの皇帝で「海賊女帝」と言われています。

女ヶ島でルフィと出会って惚れて、それからはルフィに協力的になっていろいろと助けてきた人物です。

ハンコックの初登場は何巻何話なのかまとめました!




ハンコックの初登場は何巻何話?

ハンコックの初登場は53巻516話です。

海軍と白ひげ海賊団との頂上戦争のため七武海には召集がかけられていましたが、七武海のハンコックは召集に応じていなく、海軍中将のモモンガはハンコックを連れていくため女ヶ島近海にやって来てハンコックと会うことになります。

ハンコックはモモンガと別れたあと女ヶ島へ戻り、そこでルフィと初めて会うことになります。

女ヶ島編は53巻514話〜54巻523話で描かれています。

ハンコックはいつからルフィが好き?

ハンコックがルフィのことを好きになったのはルフィと初めて会った女ヶ島編からです。

初めはルフィのことは全く興味がなく、元々男嫌いのハンコックは男子禁制の島へ入国したルフィを処刑しようとしていました。

しかし、ルフィに惚れることになり、今ではルフィにメロメロになっています。協力的でルフィにとっても頼もしい味方となっています。

ルフィのことが好きすぎて、ルフィとの恋愛を考えて勝手に勘違いしてしまったり、ルフィに対して顔を赤らめるシーンが多く出てきます。

ハンコックはルフィのためならなんでもするという姿勢で、将来は結婚してルフィの妻になりたいと考えています。

ハンコックは再登場でどこで出てくる?

ハンコックは2年前に女ヶ島で初登場して、最後に登場したのも女ヶ島です。

2年後は女ヶ島で登場して、その後はルフィたちの出航の時にシャボンディ諸島で登場しました。

それからはしばらく登場してませんでしたが、王下七武海制度が撤廃となり、コビーたち海軍がハンコックを捕まえに女ヶ島にやって来た時に登場しています。
その時に、ハンコックの能力を奪うため黒ひげ海賊団も一緒にやって来て、黒ひげとの戦いでハンコックは再び登場していました。

1059話ではハンコック、黒ひげ、コビーなどが女ヶ島で登場しています。




まとめ

ハンコックの初登場は53巻516話!

女ヶ島でルフィと出会ってそれからはルフィに恋をして、ルフィに対して協力的になりました。ルフィとの結婚願望もあるほどで、ルフィは男嫌いのハンコックが唯一恋愛対象に見ている男です。
2年後シャボンディ諸島でルフィと別れたあとはまだ再会していません。

ハンコックの2年後の登場は、七武海制度が撤廃になった時に女ヶ島で再び登場していました。

黒ひげ海賊団とコビー率いる海軍が女ヶ島にやって来ましたが戦いはどうなるのか、再びハンコックが登場するシーンが気になります😄




お読みいただきありがとうございました。
感想などがあればお気軽にコメントください😄

↓トップページ↓
《アニメ・漫画の二次元ブログ》

おすすめの記事