【ONE PIECE】青キジは最強の能力者!現在黒ひげといる理由や目的とは?


ONE PIECEに登場する氷を使う悪魔の実の能力者「青キジ」!

ヒエヒエの実の能力者で自分の体から氷を出したり自分自身も氷することができて、悪魔の実の中でも最強種である自然(ロギア)の能力者です。

青キジは元海軍の大将で過去にはルフィたちとも戦った人物です。2年前は海軍大将として海軍で活躍していましたが、2年後は海軍を辞めて海賊「黒ひげ」の仲間になっているという話があります。黒ひげと言えばONE PIECEのキャラクターの中でも「最強キャラ」「ラスボスキャラ」と言われているキャラクターです。

危険人物として海軍や他の海賊からも警戒されている黒ひげですが、その黒ひげ海賊団に元海軍大将の青キジが仲間に加わっているとなるとその理由や目的も気になるところです。

この記事では青キジの能力や現在は何をしているのかについて書いています。




青キジのプロフィール

本名:クザン
年齢:47歳→49歳
誕生日:9月21日
悪魔の実:ヒエヒエの実

青キジは元海軍で最高戦力と呼ばれる「大将」の一人でした。「ヒエヒエの実」を食べた悪魔の実の能力者です。モデルは俳優の松田優作。初登場はコミックス34巻。
2年前は海軍に所属していて、その時に掲げていた正義は「だらけきった正義」です。元々は「燃え上がる正義」を掲げていましたが、ロビンの過去編のオハラの件で考え方が変わり、今に行きついたようです。
性格は普段はのんびりしていてまさにだらけきっていて、海軍の上の立場にいながら自由気ままに一人で勝手に行動してしまうマイペースな性格です。しかし、いざという時は頼りになる人物で物事を冷静に判断する力や真面目な部分が見受けられ、実力も海軍大将という立ち位置にふさわしい圧倒的な実力を持っているため、そのようなところも踏まえて部下たちからの信頼は厚く、長い間、海軍の大将を務めてきました。

麦わらの一味とは関わりがあり、ルフィの祖父であるガープとは海軍時代での長い付き合いです。青キジ自身もルフィにガープのことで「世話になった」という発言をしていて、同じ海兵として一緒に前線で活躍してきました。
ロビンとは深い因縁があり、ロビンが懸賞金をかけられるきっかけとなった20年以上前のロビンの故郷のオハラでの出来事の時から青キジとロビンは関わりがあります。オハラは海軍によって島ごと消されてしまい、ロビンはその時に唯一生き残ったオハラの生き残りです。そしてその時にオハラからロビンを逃したのは青キジでした。ウォーターセブン編前に一度青キジはルフィたちの前に現れてその時に久しぶりにロビンと再開していました。ルフィたちとCP9との戦いが終わったあとも再びロビンの前に現れた青キジはロビンの今後を見届けるという発言をしていました。

実力はONE PIECEのキャラの中でもかなり上位のキャラです。

2年前

2年前は海軍の大将という立場でたくさんの海賊を相手に活躍してきました。
頂上戦争の時には白ひげや隊長たちと戦う様子も描かれていました。

頂上戦争後、元帥の座を降りたセンゴクの代わりに新元帥を選ぶ話があり、その時にセンゴクは実力もあって部下たちからの信頼も厚い青キジを推薦しましたが、政府上層部は青キジと正反対の性格の赤犬を推薦します。

青キジは赤犬の下につきたくないという理由で2人は対立して、元帥の座をかけて戦うことになりました。
海軍大将同士の戦い「青キジVS赤犬」。決闘に選ばれた場所はパンクハザードという島で、そこで青キジと赤犬は10日間にわたる死闘を繰り広げました。島の気候をも変える死闘でしたが、結果勝者は赤犬になり、赤犬の部下になることができない青キジは海軍を去ることになりました。

2年後

海軍を去った青キジはその後どこで何をしているか不明でしたが、後に情報が出てきます。

パンクハザード編の最後の方でドフラミンゴに襲われるスモーカーと部下たちの前に青キジが現れます。
ドフラミンゴも青キジに対して現在何者なのかと言う発言をしていて、その後のドレスローザ編でさらに青キジの情報が出てきて、青キジは現在、黒ひげ海賊団の仲間になっていることが明かされました。

青キジは赤犬との決闘で体には大きな火傷の跡と左足が義足になっています。

原作での活躍

34巻で初めてルフィたちの前に現れた時は海軍大将の実力をルフィたちに見せつけました。ヒエヒエの実の能力を使ってルフィたちと戦いました。ルフィとの一騎打ちではルフィは何もできずに青キジに全身氷付けにされて負けてしまいました。麦わらの一味はルフィ、ゾロ、サンジ、ロビンがこの戦いで凍らされました。
この時、作中では初めて登場した「海軍大将」というキャラで圧倒的な力を見せてインパクトを残しました。

41巻のロビンの過去編では巨人族のサウロと戦うシーンがあり、この時も青キジは氷の能力を使ってサウロを全身氷付けにしました。青キジは巨人族でも関係なく全身を凍らせることができる力を持っています。
海軍の砲撃によって島が業火となり、島から逃げ回るロビンでしたが、青キジはロビンを島から逃す決断をします。結果的にこの事件でロビン以外の者は島ごと消えてしまいました。
青キジはこの時からロビンとは因縁があります。

57巻から始まった頂上戦争編では海軍本部に攻め込んできた白ひげ海賊団と戦いました。白ひげが起こした津波を凍らせて足場を作って戦場にしたり、実際に白ひげや隊長たちとも戦って実力を見せました。
ここでも再びルフィと対峙するシーンがありましたが、実力差は変わらないものでした。
海軍本部の最高戦力として大きな活躍が描かれていました。

70巻では2年後初登場となり、パンクハザード編でドフラミンゴにとどめを刺されそうになるスモーカーを助けました。この時、青キジはドフラミンゴを全身氷付けにしています。青キジが現れたことでドフラミンゴは退散することになり、ドフラミンゴも青キジの実力について警戒している様子でした。
おそらく青キジとドフラミンゴがまともに戦ったら互角か青キジの方が強いと思われます。

劇場版のワンピースでも青キジが登場していて、2012年に公開された映画「ONE PIECE FILM Z」で登場しています。
この映画は2年後の世界で、ワンピースの映画でも初の2年後の映画です。この映画では青キジは主要キャラクターとして描かれていて、氷の能力を使って活躍していました。映画のボスであるゼットとは昔同じ海軍で、青キジはゼットを「先生」とよんで慕っていました。青キジとゼットの関係が描かれていたり、ルフィたちとの再会や青キジの氷の能力を使った活躍が描かれていました。

ヒエヒエの実の能力者

青キジは氷を操る「ヒエヒエの実」を食べた悪魔の実の能力者です。ヒエヒエの実は悪魔の実の中でも最強種と言われる自然(ロギア)に分類されます。
自分の体を氷に変化させたり、体から氷を出すことができます。自分の体を氷にできるので、攻撃されて粉々にされても氷で再生して元通りになれます。まともにダメージを与える場合は〝覇気〟を使うか氷に相性の良さそうな能力を使って戦うかがあります。
ヒエヒエの実の能力で人間が凍らされた場合は割れると死んでしまうので、凍らされた場合は水などを使ってゆっくり溶かしていかなければなりません。凍らされた場合、自分から氷を砕くこともできますが、大抵の場合は身動きがとれなくなってしまいます。

凍らせれる範囲はとても大きく、海ごと凍らせることができて、本気で能力を使った時は島の気候を変えてしまう程の力があります。

ヒエヒエの実の能力自体も強いですが、青キジ自身も能力を上手く使ってヒエヒエの実の力を最大限まで活用しています。大抵の相手は一瞬で凍らされてしまいます。青キジは敵に回すとかなり厄介な相手です

青キジの現在

青キジは2年前は海軍に所属していましたが、現在は四皇・黒ひげの「黒ひげ海賊団」にいます。
元海軍の大将であった青キジがなぜ海賊の仲間入りになっているのか今のところ理由は不明です。黒ひげは海賊の中でも強い実力と危険度があり、新世界で皇帝のように君臨する四皇の一人です。

海軍大将だった青キジは黒ひげのこともよく知っているはずですが、それでもあえて仲間になるというのは理由がありそうですね
もしかしたら危険と知っているからこそ黒ひげのことを警戒して下手な行動に出ないように監視しているのかもしれませんね。または黒ひげ海賊団について内情をさらに詳しく探るためだったり、何か黒ひげの弱点を探っている可能性もあるかと思います。

黒ひげも元海軍大将の青キジのことは当然知っているはずなので、仲間に加えるということは何か企んで青キジの力を利用しようとしているのかもしれません。黒ひげの仲間のバージェスは青キジを信用していない様子でしたが、他の仲間も同じく考えている者がいそうですね。

青キジと黒ひげに関してはお互い何かを企んでいそうで、今後その理由について明かされていくかと思われます

青キジの今後の登場について

青キジの今後の登場について、パンクハザード編以降はまだ登場していませんが、今後また登場すると思われます。

黒ひげと仲間であるという情報も出ているので、もしかすると黒ひげ海賊団として登場する可能性もあります。最終的にルフィは因縁ある黒ひげと戦うことになると思いますが、戦うとしたら物語の最後の方だと思うので、青キジも物語終盤でまた登場するかもしれません。
もし青キジが黒ひげと一緒にいるところをルフィが見たらびっくりですね

青キジはワンピースキャラの中でも上位の人気キャラなので、作中でもまた登場して活躍するシーンがあると思われます。




まとめ

元海軍大将の青キジ!
悪魔の実の能力者で氷を使う「ヒエヒエの実」の能力者です。ヒエヒエの実は悪魔の実の中でも最強種「自然(ロギア)」の能力を持っています。

2年前は海軍の大将でしたが、頂上戦争のあと海軍を去る形になり、2年後の現在は黒ひげ海賊団の仲間になっています。一緒にいる目的は今の時点では不明ですが、青キジのことなのでなにか目的があってのことだと思います。

今後も登場する可能性はあると思われるので、またルフィたちの前にも現れると思います。
黒ひげとの関係についてはその時に明かされるかもしれませんね

ワンピースの人気キャラクターとして注目されてる青キジですがこれからも活躍が楽しみです。




おすすめの記事